栄養の偏りに注意する

  • HOME > 栄養の偏りに注意する

血糖値のためには栄養のバランスを

各種の栄養素をバランスよく摂るために、いろいろな食品を食べることが大切です。

主要な栄養素には、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維があります。このうち、体のエネルギー源となるのは炭水化物、タンパク質、脂質で、ほかの栄養素もそれぞれ細胞を作ったり、体のリズムを整えるなど重要な働きをしています。

これらの栄養素は体内で互いに作用しあい、体を維持するために働いています。

ある栄養素が体に良いからといってそればかり過剰に摂取したり、反対に極端に摂取量を減らしたりすることは、栄養バランスの乱れにつながり、体にとってはよくありません。

現代人の多くは主食や肉類の摂取量が多く野菜や海藻類が不足しています。栄養素としては炭水化物や脂質が過剰で、ビタミンやミネラルが不足気味ということになります。

自分の食生活を省みて、栄養バランスのよい食事にするにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。

バランスといえば、血糖値をコントロールする時に必要な血糖値測定器ですが、気になるのは痛みですね、穿刺する時はほとんどのメーカーで調節ができ、指の皮が薄い人ならば、レベルは最低でも大丈夫です。

痛みを軽減するために針先の形を3面にカットしたり、針ブレをなくしたりして工夫された製品が販売されています。